モバイル

2012年に開催された日経産業フォーラム「タブレット端末によるビジネス革新の可能性」の来場者アンケートでは来場者の半数近くがタブレット端末を業務上で「現在使用している」と答え、98%が「必ず」もしくは「将来的に」業務上で活用すべきと答えました。(図1 2012年9月6日 日経産業新聞フォーラム来場者アンケート)

2011年調査ではタブレット端末を「導入済み」とした法人がは9.2%であったのに対し、2012年調査では18.4%と2倍になっています。(図2 矢野経済研究所調べ ※1)

  • 図1 業務上でのタブレット端末の必要性
  • 図2 法人のスマートフォンとタブレット端末の導入率の比較

企業のタブレット端末の導入目的は様々ですが、その多くはタブレット端末を始めとしたモバイル機器を導入することによって、より効果的な業務の効率化、利便化を目指していることでしょう。

法人のタブレット端末の導入目的は様々ですが、多くの企業はタブレット端末の導入によって、より効果的な業務の効率化、利便化を目指していることでしょう。

パソコンからモバイルへ

大きなシステム業界の方向性はホスト型からクライアントサーバー型、使用端末もパソコンからモバイルへとトレンドは変化しています。業務にモバイルを取り入れることは、生産性や機動性の飛躍的な向上に繋がります。

ご検討中の方はお気軽にご相談ください。
資料請求
お問い合わせ
よくある質問
お電話でのお問い合わせは [06-6292-6237] 受付時間9:30~17:30 土・日・祝を除く平日