EDI関連

IPSのEDIツールはEasyOneと他システムとのEDI連携のために開発されたツールです。

EDIによる企業用基幹システムの他系システムとの連携は、企業間の業務連携を意味します。 入力の手間を減らす作業の生産性だけでなくリアルタイム性やマスタの共有等の保守上の合理性も確保できますので、EDIはシステム管理部門の業務改革の一つのテーマともいえます。

IPS EDIの特徴

IPSのEDIは主にEasyOne、クラウド、宗達系と他系システムの連携を目的に開発されました。

  1. マスタ項目、トランザクションデータ項目、
    その他必須項目についてマッピング機能を有しています。
  2. 正方向のデータだけでなく、取消訂正データ等のいわば逆方向のデータについても
    対応できます。
  3. データアクセスの履歴を表すファイルとデータログを用意しています。
    それによって問題が発生した場合にリアルタイムにデータメンテナンスが可能です。
ご検討中の方はお気軽にご相談ください。
資料請求
お問い合わせ
よくある質問
お電話でのお問い合わせは [06-6292-6237] 受付時間9:30~17:30 土・日・祝を除く平日