EasyOne BI

EasyOne BI

「誰でも」「簡単に」「安全に」
他システムとの連携や、アプリケーションの拡張、統合、構築を可能にするクラウド開発基盤「SAP Cloud Platform」と データ分析・探索をする「SAP Analytics Cloud for BI」を中堅・成長企業や大企業の関連子会社向けにパッケージングした製品とサービス。

いよいよ見える化環境も“作る”時代から“行動する”時代へ

誰でも AnyOne

・SAPはもちろんのこと、その他の情報基盤で構築された既存システムやPOSデータとの連携も可能です。
・その上、クラウド環境での提供ですので、BIツールは初めてという企業様でも、まずは試してみることができます。

簡単に Easy

直感的な操作性により、問題となる事象や変動要因を簡単に特定できます。
・豊富な分析レイアウトをすでに実装しているので、導入したその日から、今見たい分析データをご覧になれます。
・その上、SAPの最新技術を駆使した予測分析機械学習により、経験や知識への依存から開放されます。

安全に Peaceful

・これまで多額の投資を行うことではじめて可能だった高度な分析が、わずか2ヶ月の構築期間、部門予算として決済できる程度の投資から始められます。
(実現範囲、データ量、利用人数により異なります)
・データ収集や加工の支援はロボットが実行しますので、人材不足が心配な企業でも安心して導入することができます。
RPAオプション)

EasyOne BIシステム構成

EasyOne BI 導入サービス

データサイエンス

昨今、ビッグデータ分析の需要が日本の産業界全体で急速に高まっています。
ビッグデータとは新聞約50億ページ分にも及ぶ大量のデータ(顧客データや取引履歴、マスタ情報等)を指します。この膨大なデータの特性をつかんで、データの相互関係や推移を分析し、経営やマーケティングをはじめとした企業活動全般に役立てることを“データサイエンス”と呼びます。

データサイエンスによる経済効果は年間7兆円を超えるとも言われており、これに対する取り組みが各社の次なる経営テーマになることは間違いありません。

データサイエンスには極めて高いIT技術や業務ノウハウが求められ、企業が新しく独自で取り組むことは困難であると言われています。
従来の管理帳票はもちろん、今起きていることをお知らせするリアルタイム性、世界的に標準になりつつあるABC法に基づいた原価管理やビッグデータの解析等をIPSのデータサイエンスとしてご提供します。

業績の評価

従来の管理会計とよばれる領域です。管理帳票を構成する科目は、例えば売上、粗利、購買、在庫、入出庫、クレーム、等の要素で成り立っています。 多様な管理帳票は一見大変複雑に見えていますが、その構成要素は大別化されます。それらの構成要素をSAP ERPではキューブとして管理することになります。

IPSのデータセンターではこのキューブを30要素以上にわたり標準化して、それらから100の典型的な管理帳票に編集しています。

キューブの組合せによってより多様な要求に応えることができるのです。IPSのデータセンターは、管理帳票が出力される環境を既に実装しています。また、データの見方をご提案するサービスが整っています。

業務支援

営業員をはじめとした現場の皆様に対して秘書が一人ずつついていたらどうでしょうか。
例えば、取引の進捗や事故、クレームや問い合わせに対して必要な情報をお答えします。
管理部門では毎日決算、締日の対応では決算データ、請求書 業務等をご支援します。配送センターや工場では、日々の段取り、割込みや変更、トラブルに対応するためのデータをご提供します。

解析

例えば、在庫の解析。
多い、少ないの評価を売上実績をもとにして行うことができます。過去未来において分析して在庫切れの退避、過多の予防を行うことできます。

売れ筋の解析。
売れている製商品の分析をなるべく早い段階で行うことができます。等々・・・

ご検討中の方はお気軽にご相談ください。
資料請求
お問い合わせ
よくある質問
お電話でのお問い合わせは [06-6292-6237] 受付時間9:30~17:30 土・日・祝を除く平日