需要予測

これまで人間が「勘・コツ・経験」で行ってきた需要予測。
ただ、製品ライフサイクルの短期化、人手不足や働き方改革による労働集約型の産業構造からの脱却が必要な現代において、属人化業務をなくすことは急務です。AIを活用することで、誰でもが同じようにでき、さらには精度を高めることも可能になります。

需要予測の取組み事例 demand forecasting

在庫の最適化と生産計画の標準化

最初に持ち込まれたご相談は、
「月次で営業が試算している販売予測の精度が低く、在庫欠品が多発する。どれだけ時間をかけても、精度が向上しない。 よって欠品が多発し機会損失に繋がる。 月中に生産依頼の割り込みが頻発し、生産計画の変更が多発する。計画的な生産が行えず、当然のように歩留まりも悪化する。」というものでした。

IPSが行ったご提案は、
販売予測をAIによって行うことで、営業員の作業工数を削減。IPS作成の需要予測プログラムでどれだけの精度が出せるかの検証。 お客様の販売傾向を分析し、プログラムをお客様向けにブラッシュアップし、品目ごとに精度向上を図る。
さらには、予測だけでなく保持すべき在庫を算出し、計画的に生産を行う。
つまり、販売予測と予測精度から基準在庫・安全在庫を算出。
基準在庫・安全在庫・現在庫から導き出された生産数量によって、計画的な生産を行う

単に需要を予測するだけでなく、在庫の管理手法、生産計画の立案方法を変えることが重要!
販売ランク、予測精度により、基準在庫の持ち方を検討し、生産計画に反映させるところまでをご支援します。

AIを活用した需要予測 無料トライアル

ご検討中の方はお気軽にご相談ください。
資料請求
お問い合わせ
よくある質問
お電話でのお問い合わせは [06-6292-6237] 受付時間9:30~17:30 土・日・祝を除く平日