製品紹介



IPSの取り組み

IPSはS/4HANAをお客様の業務品質を格段に高めることが出来る次世代の業務ツールとして受け止めました。
そこで、S/4HANAをいち早く習得し、EasyOneに組み込みました。
SAP社が主催するS/4HANAコンソーシアムで常に最新情報をアップデートしています。
2015年7月からは株式会社インターネットイニシアティブ提供するクラウド環境「IIJ GIOコンポーネントサービス データベースアドオン インメモリプラットフォーム for SAP HANA」からも順次提供が開始されます。

SAPが日本に広がり始めた当時からSAP ERPを良く知る当社代表の渡邉はこのように述べています。
“S/4HANAによりお客様の業務はもちろんのこと、我々IT業界のサービスそのものが抜本的に見直される事になるだろう。システムを作ることで注文をいただく時代は終わる。
究極の完成形であるS/4HANAの到来により、お客様の業務と真剣に向き合うベンダーとサービスだけが生き残ることになるだろう。“

開発者のコメント

S/4HANAは従来のERPとは全く異なります。 従来はひとつの仕事をするために、システムでは複数の画面や機能を使わなければならない、あるいは構築が必要でした。
ところが、S/4HANAは違いました。

お客様の仕事に求められるあらゆる情報はひとつのタイルや画面に集約されます。
また仕事のスタイルに応じて画面や情報量は変更できます。しかも、これらは簡単なシステム調整で実現出来ます。
またインメモリデータベースHANAにより大量のデータもBIツールを経由しなくてもリアルタイムに得ることが出来るようになりました。
ここで得た情報は、タイムリーに見るだけでなくシュミレーションからデータ訂正まで可能になりました。

S/4HANAをEasyOneに組み込むことによりお客様の業務品質をより高めることが出来ることを確信しました。

 

SAPジャパン様からのコメント

SAPジャパン株式会社
部署:パートナー総括本部
   パートナーソリューションセンター
役職:シニアマネージャー
氏名:山川 敦士 様

プロフィール
外資系コンサルティング会社を経て、2003年にSAPジャパン株式会社入社。
コンサルタントとして予算管理や経営計画など企業業績管理ソリューションの導入コンサルティングを顧客に提供。
パートナー部門参画後、新ソリューションの推進を担当し、近年特にSAP S/4HANAのチャネルビジネス拡大に力を入れる。
コメント
SAPは23年ぶりにSAP ERPをはじめとする既存のビジネスアプリケーションのアークテクチャーを刷新し、 新世代のビジネススイートとしてSAP S/4HANAをリリースしました。 革新的な技術をもとに多くのメリットをお客様にもたらしますが、 それらのメリットを最大化するためには確かなパートナーのソリューションが不可欠です。 EasyOneは中堅・中小企業へのSAP ERP導入で高い実績を誇るIPS様のノウハウが 具現化された素晴らしいソリューションでございます。SAP S/4HANAに対応することにより、 S/4HANAが持つパワーを最大限活かし、お客様に「ユーザーフレンドリー」や「モバイル化」、 「シンプル化」等多くのメリットをもたらすことを強く確信しており、 且つSAP専業であるIPS様ならではの「導入方法論」を駆使し、 お客様の課題を解決してくれると感じております。
ご検討中の方はお気軽にご相談ください。
資料請求
お問い合わせ
よくある質問
お電話でのお問い合わせは [078-361-0435] 受付時間9:30~17:30 土・日・祝を除く平日