製品紹介



EasyOne

EasyOne

SAP ERP をベースに日本企業の考え方や習慣に合うよう、販売プロセス、ロジスティクス、生産、会計、勘定科目体系等を再編集しました。

また、やさしい、使いやすいSAP ERPになるよう多くの技術的改良を加えています。
EasyOneは世界標準でもあるSAP ERPをお客様の業務の標準化に役立てると共に、お客様の個別の業務スタイルやニーズに確実に合わせることができるようにカスタマイズの手法、開発した多くの補完プログラムと機能をテンプレート化した製品群です。

販売系

受注から納品、請求、入金までの全工程を管理します。主に日本の商社、問屋、卸、製造販売向けに在庫仕入販売、直送販売等の販売系の多様な商流を販売プロセスという括りで編集しています。
販売上の与信管理、消費税、購買、配送センターの入出庫、売上の基準、請求、債権管理、入金にいたるすべての管理区分にたいして、だれでもやさしく分かりやすいことを基準に編成しています。また、お客様の独自の工夫も組み込み易くなっています。

購買、配送センター、在庫管理系

ロジスティックにおけるモノの流れを、販売系プロセス、在庫管理、生産管理プロセスというように他のモジュールと結びつけて管理します。在庫管理は各倉庫配送センターの利用可能在庫だけでなく、入庫予定や出庫予定等の予定在庫についても管理します。
購買の大きな要素であるMRP機能も利用できます。

今日の企業活動では全社的なモノの流れについて、在庫管理と購買管理、生産管理というような、全く管理部門が異なる部署間の連携が求められています。また、海外とのモノのながれの連携は大切な要件の一つです(CRM、SCM)。これらの全社的で、しかもグローバルに各部門を連携させることでモノの流れを視覚的に管理できるようにEasyOneは編集されています。課題は難しいけれど、やさしく分かりやすいことが大切なモジュールです。

生産管理

生産管理モジュールで多岐に渡る工場、工程の段取りや半製品、材料等の調達状況を通じて、生産の計画進捗、完了までを管理します。
石油化学工業、衣料、織物、縫製、化学製品、製紙等の分野で実績があります。特に海外との連携は生産、購買、在庫管理、輸出輸入、3国間取引というような各モジュールの連携を必要とします(CRM、SCM)。また、お客様独自の製造プロセスの工夫においても、それを組み入れることによってよりお客様に合った身近なシステムとして利用いただけます。

工場製造原価計算

ABC法による標準原価計算に準じた実際原価計算を基準にしています。
原価要素を直接費、直接経費、間接費の3要素に分けて原価を計算し、予め定められた目標原価の3要素に対する製造原価を計算します。この方式は近代的なABC法に基づいた方法であり、一般的に分かりやすく、要素別に原価推移を管理することによって、各月、管理品目毎に原価上の努力の成果を客観的に評価することができます。

会計

日々変化する国際会計や中国等の税制にも対応しています。
日本会計基準、国際標準はもちろんのこと、中国の税制体系、あるいはアジア各国の会計基準を織り込んだ対応が求められます。EasyOneではIPSがすでに経験のある中国、アジア、韓国、ヨーロッパ、米国の経験を標準化しています。また、グローバル連携のネットワークであるUnited VARsによって、より詳しい、日々変わりつつある各国の会計事情について調査、連携が可能です。

ベーシス

システム基本設計から導入、チューニング、稼働まで責任を持って推進します。
またホスティングの場合は計画、準備から契約、データの移行、稼働まで請け負います。

EasyOne 価格表

EasyOneの料金はお客様の企業規模により変動いたします。下記において、参考価格として実勢価格ベースでご提示します。

  • SAP ERPライセンス費用
  • EasyOneライセンス
  • 導入コンサルティング費用
  • Add-On(追加開発)費用
  • サーバー、周辺ソフト、ベーシス費用
  • (上記一式)
製造業様向け
小規模モデル(年商100億未満)
150,000千円~
中規模モデル(200億以上)
250,000千円~
商社様向け
小規模モデル(年商100億未満)
100,000千円~
中規模モデル(200億以上)
200,000千円~
ご検討中の方はお気軽にご相談ください。
資料請求
お問い合わせ
よくある質問
お電話でのお問い合わせは [078-361-0435] 受付時間9:30~17:30 土・日・祝を除く平日